青赤デルバーとは?(レガシーの青赤+αビートダウン)

Mana blue Mana red
デルバーとは、イニストラードの青のクリーチャー 《秘密を掘り下げる者》 を指しており、
青赤デルバーは、通常青赤2色もしくは任意の1色を加えた3色で組まれる、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 呪文シナジーを持つ高打点クリーチャーを召喚する。
  2. 軽コストドロー呪文でクリーチャーの能力を誘発させつつ、手札を整える。
  3. 妨害呪文で対戦相手の足を止めているうちに殴りきる。

デッキのメリットは、スピードの早さと妨害手段の多さを兼ね備え、ドロー呪文で安定性も補えているため、序盤戦がとても得意なことです。
デッキのデメリットは、カードパワーの要素をクリーチャーに強く依存しているにも関わらず、クリーチャーが除去耐性を持たないため、除去呪文に非常に弱いことです。

■主に使用されるカード

1.呪文シナジーを持つ高打点クリーチャーを召喚する。

Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 Monastery Swiftspear / 僧院の速槍 Young Pyromancer / 若き紅蓮術士
Stormchaser Mage / 嵐追いの魔道士 Bedlam Reveler / 騒乱の歓楽者 True-Name Nemesis / 真の名の宿敵

2.軽コストドロー呪文でクリーチャーの能力を誘発させつつ、手札を整える。

Gitaxian Probe / ギタクシア派の調査 Ponder / 思案 Brainstorm / 渦まく知識

3.妨害呪文で対戦相手の足を止めているうちに殴りきる。

Daze / 目くらまし Force of Will / 意志の力 Lightning Bolt / 稲妻

■青赤デルバー対策のサイドボード

《紅蓮破》
《仕組まれた爆薬》
《渋面の溶岩使い》
《見栄え損ない》
《漸増爆弾》

■主な派生デッキ

青赤デルバーは、青赤の2色で十分なパーツが揃っているため、表題のとおりに純正青赤で構築することが可能です。
しかし、レガシーは広いカードプールを存分に使える環境であるため、当然のように、より高いカードパワーを求めて、他の色を加えた派生デッキが存在します。
特に 《黄金牙、タシグル》 《死儀礼のシャーマン》 《若き紅蓮術士》 と相性のいい 《陰謀団式療法》 の黒を加えたグリクシスデルバーは青赤デルバーと同じかそれ以上にメジャーなアーキタイプです。
また、 《もみ消し》 《不毛の大地》 を搭載することでよりテンポ戦略を強化したタイプも存在しており、緑を加えた青赤緑デルバー、通称カナディアンスレッショルドがその戦略を使用するデッキの代表例です。
他には、 《石鍛冶の神秘家》 《剣を鍬に》 を搭載した青白赤デルバーも亜種デッキとして挙げられます。
はたまた、 《秘密を掘り下げる者》 を取り除き、 《若き紅蓮術士》 に特化した形も環境に存在しています。

●カナディアンスレッショルド
《秘密を掘り下げる者》 を使用している点では同じでも、他の部分では呪文シナジーに拘らず、単体のカードパワーが高い緑のクリーチャーを採用することで、より安定性を増して、除去呪文にも多少耐性を得た形です。

■主な俗称・類似デッキ

グリクシスデルバー
青黒赤デルバー
青赤ヤンパイ(Grixis Pyromancer)
トリコデルバー(UWR Delver)

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top