ジャンドとは?(レガシーの赤黒緑ビートダウン)

Mana black Mana red Mana green
ジャンドとは、アラーラの断片ブロックに存在する赤黒緑の断片であり、
ジャンドは、通常赤黒緑の3色で構築される、コントロール要素を併せ持つ、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、プレッシャーをかける。
  2. 相手の行動を序盤から積極的に妨害する。
  3. 継続性のあるアドバンテージエンジンで、対戦相手を押し潰す。

デッキのメリットは、高い盤面処理能力により、ビートダウンデッキに対して、グッドスタッフ性の高さにより、中速デッキに対して、それぞれ相性良く戦えることです。
デッキのデメリットは、瞬殺系コンボデッキ相手に対処手段が少なく不利であることと、マナベースにやや不安を抱えているため、マナ拘束戦略を使われると辛いことです。

■主に使用されるカード

1.カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、プレッシャーをかける。

Deathrite Shaman / 死儀礼のシャーマン Tarmogoyf / タルモゴイフ Dark Confidant / 闇の腹心
Grim Flayer / 残忍な剥ぎ取り Bloodbraid Elf / 血編み髪のエルフ

2.相手の行動を序盤から積極的に妨害する。

Thoughtseize / 思考囲い Abrupt Decay / 突然の衰微 Hymn to Tourach / トーラックへの賛歌

3.継続性のあるアドバンテージエンジンで、対戦相手を押し潰す。

Grove of the Burnwillows / 燃え柳の木立ち Punishing Fire / 罰する火
Liliana of the Veil / ヴェールのリリアナ Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ

■ジャンド対策のサイドボード

《安らかなる眠り》
《発展の代価》
《血染めの月》
《大祖始の遺産》
《大変動》

■主な派生デッキ

ジャンドは、黒緑のグッドスタッフに、赤の優秀な火力呪文とサイドボードカードを加えて構築されたデッキですが、
赤い部分を青のアドバンテージカードに変更して構築されている青黒緑続唱が存在します。

●青黒緑続唱
《断片無き工作員》 《祖先の幻視》 《悪意の大梟》 などを採用することで、小回りのきく火力呪文と引き換えに、高いカードアドバンテージ獲得能力を得た形です。

■主な俗称・類似デッキ

罰する火ジャンド

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top