オムニテルとは?(レガシーの準青単コンボ)

Mana blue
オムニとは、Magic2013の青のエンチャントである 《全知》 を指しており、
テルとはウルザスサーガの青のソーサリーである 《実物提示教育》 を指しています。
オムニテルは、通常準青単で構築される、 《実物提示教育》 を軸にした、コンボデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. ドロー操作呪文でコンボパーツと、コンボを邪魔させないためのサポート呪文を集める。
  2. 《実物提示教育》 で、 《全知》 をバトルゾーンに出す。
  3. 《全知》 の効果でノーコストでドロー呪文を唱え続け、フィニッシャーに繋いで勝利する。

デッキのメリットは、ドロー操作を多く搭載できるため非常に安定性が高く、また3マナソーサリーを唱えるだけでゲームに勝てるお手軽さがシンプルに強いことです。
デッキのデメリットは、 《実物提示教育》 に完全に依存しており、通常他の勝ち手段を持たないため、的を絞って対策されると打つ手を持たないことです。

■主に使用されるカード

1.ドロー操作呪文でコンボパーツと、コンボを邪魔させないためのサポート呪文を集める。

Brainstorm / 渦まく知識 Ponder / 思案 Force of Will / 意志の力

2. 《実物提示教育》 で、 《全知》 をバトルゾーンに出す。

Show and Tell / 実物提示教育 Omniscience / 全知 Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール

3. 《全知》 の効果でノーコストでドロー呪文を唱え続け、フィニッシャーに繋いで勝利する。

Intuition / 直観 Cunning Wish / 狡猾な願い Eladamri's Call / エラダムリーの呼び声

■オムニテル対策のサイドボード

《翻弄する魔道士》
《エーテル宣誓会の法学者》
《赤霊破》
《狼狽の嵐》
《白鳥の歌》

■主な派生デッキ

サブの勝ち手段として、サイドボードに 《若き紅蓮術士》 、または 《僧院の導師》 を搭載したものが存在します。
また、単体では脅威にならず、勝つためには一手間かかる 《全知》 を切り捨てて、単体で脅威になる 《グリセルブランド》 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 《実物提示教育》 から出すことを選んだスニークショウが、派生デッキとして存在しています。
他にも 《全知》 《実物提示教育》 の追加として 《ドリーム・ホール》 を採用した形なども亜種として存在します。

●スニークショウ
《実物提示教育》 《騙し討ち》 から、 《グリセルブランド》 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 を戦場に出すダイナミックなデッキです。

■主な俗称・類似デッキ

青単全知
青赤全知
ドリホ全知

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top