MUDとは?(レガシーのアーティファクトコントロール)

MUDとは、Mono-Brown Mud(茶単泥人形)の略であり、
MUDは、通常無色のみ、または赤単で構築される、マナランプ戦略とアーティファクトを軸にした、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 無色のマナブーストで、序盤から大量のマナを捻出する。
  2. 妨害アーティファクトで対戦相手をスローダウンさせる。
  3. 無色の強力フィニッシャーで悠々と対戦相手をビートダウンする。

デッキのメリットは、構造上、打ち消し呪文や手札破壊呪文に強いことと、
妨害アーティファクトが刺さるテンポデッキ相手に有利なことです。
デッキのデメリットは、色マナの関係上インスタント呪文を使えないため、コンボデッキ相手に分が悪いことと、
低コストの除去カードに欠けており、 《古えの墳墓》 で自分からダメージを受けてしまうため、ライフを狙われると脆いことです。

■主に使用されるカード

1.無色のマナブーストで、序盤から大量のマナを捻出する。

Ancient Tomb / 古えの墳墓 Grim Monolith / 厳かなモノリス Metalworker / 金属細工師

2.妨害アーティファクトで対戦相手をスローダウンさせる。

Chalice of the Void / 虚空の杯 Trinisphere / 三なる宝球 Lodestone Golem / 磁石のゴーレム

3.無色の強力フィニッシャーで悠々と対戦相手をビートダウンする。

Kuldotha Forgemaster / カルドーサの鍛冶場主 Blightsteel Colossus / 荒廃鋼の巨像 Ugin, the Spirit Dragon / 精霊龍、ウギン

■MUD対策のサイドボード

《墓掘りの檻》
《発展の代価》
《突然の衰微》
《思考囲い》
《鋳塊かじり》

■主な派生デッキ

MUDは無色のアーティファクトを軸にした1つのアーキタイプですが、
厳密には2つの形態に分ける必要があるかもしれません。
《大焼炉》 から 《ゴブリンの溶接工》 をプレイして、 《稲妻のすね当て》 を装備するシステムを採用している赤茶単タイプと、
《雲上の座》 とその他神座を採用して、 《精霊龍、ウギン》 や伝説のエルドラージクリーチャーをプレイする無色単タイプの2つのデッキが存在するためです。

また、同じ無色を軸としているもののクリーチャー選択が大きくことなるエルドラージビートダウンが後継として環境に登場したことで、現在はより制圧力の高いそちらが無色デッキの主流となっており、MUDは一線を退いた状態となっています。
Thought-Knot Seer / 難題の予見者 Reality Smasher / 現実を砕くもの Eldrazi Temple / エルドラージの寺院
 

■主な俗称・類似デッキ

スタックス
茶単
赤茶単

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top