デス&タックスとは?(レガシーの準白単ビートダウン)

Mana white
デス&タックスは、通常準白単色で組まれる、ヘイトベアー(妨害能力を持った低コストクリーチャー)とマナ拘束戦術を軸にした、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. サーチ能力を利用して臨機応変に優秀クリーチャーでビートダウンする。
  2. 《霊気の薬瓶》 でクリーチャーを展開しながら、特殊土地で対戦相手のマナを縛る。
  3. ヘイトベアーでさらに対戦相手の行動を縛る。

デッキのメリットは、 《霊気の薬瓶》 によって、打ち消し呪文を採用しているデッキに、ヘイトベアーによってコンボデッキに、それぞれ有利がつくことです。
また、 《殴打頭蓋》 の存在により、ビートダウン対決も決して弱くありません。
デッキのデメリットは、妨害能力に特化しているため爆発力に欠ける点と、勝ち手段が普通のビートダウンであるが故に搦め手に弱い点です。

■主に使用されるカード

1.サーチ能力を利用して臨機応変に優秀クリーチャーでビートダウンする。

Mother of Runes / ルーンの母 Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 Recruiter of the Guard / 護衛募集員
Mangara of Corondor / コロンドールのマンガラ Flickerwisp / ちらつき鬼火

2. 《霊気の薬瓶》 でクリーチャーを展開しながら、特殊土地で対戦相手のマナを縛る。

Wasteland / 不毛の大地 Rishadan Port / リシャーダの港 Aether Vial / 霊気の薬瓶

3.ヘイトベアーでさらに対戦相手の行動を縛る。

Phyrexian Revoker / ファイレクシアの破棄者 Thalia, Guardian of Thraben / スレイベンの守護者、サリア Thalia, Heretic Cathar / 異端聖戦士、サリア
Ethersworn Canonist / エーテル宣誓会の法学者 Sanctum Prelate / 聖域の僧院長

■デス&タックス対策のサイドボード

《摩耗 // 損耗》
《虐殺》
《渋面の溶岩使い》
《硫黄の精霊》
《議会の採決》

■主な派生デッキ

白いヘイトベアーでビートダウンする点で共通している類似デッキ、マーベリックが存在します。

●マーベリック
緑を加えたことで 《聖遺の騎士》 《緑の太陽の頂点》 《死儀礼のシャーマン》 などのカードパワーの高いツールボックスを手に入れ、対応力とグッドスタッフ性が高まった形です。

■主な俗称・類似デッキ

白単ヘイトベアー
白単メタビート
赤白デス&タックス(Imperial Taxes)

サンプルデッキ


Page Top