デッドガイ・エイルとは?(レガシーの白黒コントロール)

Mana white Mana black
デッドガイ・エイルは、通常白黒の2色で構築される、ビートダウン要素を併せ持つ、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、下地を作る。
  2. 優秀妨害カードで、序盤から積極的に1:1交換を取っていく。
  3. アドバンテージを得られる呪文を利用して、ゲームをコントロール。

デッキのメリットは、豊富な妨害手段により、対戦相手への妨害が安定することと、グッドスタッフ性の高いデッキであるため、どんな相手がきても余裕をもって戦えることです。
デッキのデメリットは、相手のリソースを枯渇させるのが前提のデッキであるため、アドバンテージ獲得手段が豊富なデッキに弱いことです。

■主に使用されるカード

1.カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、下地を作る。

Deathrite Shaman / 死儀礼のシャーマン Dark Confidant / 闇の腹心 Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家

2.優秀妨害カードで、序盤から積極的に1:1交換を取っていく。

Thoughtseize / 思考囲い Swords to Plowshares / 剣を鍬に Vindicate / 名誉回復

3.アドバンテージを得られる呪文を利用して、ゲームをコントロール。

Hymn to Tourach / トーラックへの賛歌 Lingering Souls / 未練ある魂 Liliana of the Veil / ヴェールのリリアナ

■デッドガイ・エイル対策のサイドボード

《仕組まれた疫病》
《硫黄の渦》
《ゴルガリの魔除け》
《森の知恵》
《精神を刻む者、ジェイス》

■主な派生デッキ

《タルモゴイフ》 《突然の衰微》 などの緑のカードを採用した白黒緑ジャンクが派生デッキとして挙げられます。
また、黒の優秀カードで対戦相手を締め上げ、グッドスタッフクリーチャーでビートダウンする点で共通しているジャンドは、類似デッキとして見ることが可能です。

●ジャンド
白の除去呪文が赤の火力呪文にかわり、 《タルモゴイフ》 が加入したことで、攻撃力が上がり、コントロール性を落とし、よりビートダウンに近づいたデッキです。

■主な俗称・類似デッキ

白黒マーベリック
ピキュラ黒
ジャンク

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top