青黒緑デルバーとは?(レガシーの青黒緑ビートダウン)

Mana blue Mana black Mana green
デルバーとは、イニストラードの青のクリーチャー 《秘密を掘り下げる者》 を指しており、
青黒緑デルバーは、通常青黒緑の3色で構築される、コントロール要素を併せ持つ、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 単体カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、盤面を作る。
  2. 相手の行動を序盤から妨害して、盤面を作ることを阻む。
  3. 手札破壊呪文と打ち消し呪文で、相手を八方塞がりに追い込む。

デッキのメリットは、豊富な妨害手段により、対戦相手の行動を強く縛れるため、コンボデッキに有利なことです。
デッキのデメリットは、ビートダウン性能が低く、ライフ回復手段も乏しいため、ライフを攻められるのに弱いことと、デッキがテンポ重視で低コストに寄っているため、中盤戦以降が不得意であることです。

■主に使用されるカード

1.単体カードパワーの高いクリーチャーを召喚して、盤面を作る。

Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 Deathrite Shaman / 死儀礼のシャーマン Tarmogoyf / タルモゴイフ
Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 True-Name Nemesis / 真の名の宿敵 Gurmag Angler / グルマグのアンコウ

2.相手の行動を序盤から妨害して、盤面を作ることを阻む。

Wasteland / 不毛の大地 Daze / 目くらまし Abrupt Decay / 突然の衰微

3.手札破壊呪文と打ち消し呪文で、相手を八方塞がりに追い込む。

Thoughtseize / 思考囲い Hymn to Tourach / トーラックへの賛歌 Force of Will / 意志の力

■青黒緑デルバー対策のサイドボード

《安らかなる眠り》
《森の知恵》
《方向転換》
《灰からの再興》
《発展の代価》

■主な派生デッキ

《秘密を掘り下げる者》 《タルモゴイフ》 などの、高い打撃力を持つクリーチャーを妨害呪文でバックアップする戦術は、シンプルで強力ながらも汎用性が高く、多くの派生デッキを持ちます。
また、 《秘密を掘り下げる者》 登場前の前身デッキとして、チームアメリカという類似コンセプトデッキが存在しています。

●カナディアンスレッショルド
《不毛の大地》 や打ち消し呪文による拘束力はそのままに、 《敏捷なマングース》 《稲妻》 を採用することで、ビートダウン性能を大きく高めた形です。

●青黒緑続唱
《断片無き工作員》 《祖先の幻視》 《悪意の大梟》 などを採用することで、一部の妨害手段や 《秘密を掘り下げる者》 の打撃力を失ったかわりに、高いカードアドバンテージ獲得能力を得た形です。

■主な俗称・類似デッキ

チームアメリカ
スゥルタイデルバー
四色デルバー
BUGグッドスタッフ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top