12ポストとは?(レガシーの青緑コンボ)

Mana blue Mana green
postとは、ミラディンの特殊土地である 《雲上の座》 を指しており、
12ポストとは、デッキの軸である 《雲上の座》 が、まるでデッキに12枚入っているかのような挙動することからつけられた名前です。
12ポストは、通常青緑で構築される、 《雲上の座》 を軸にした、コンボデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. ドロー操作呪文やサーチ呪文を駆使して、 《雲上の座》 を集める。
  2. 《原始のタイタン》 で一息に土地を集めて、大量のマナからフィニッシャーを呼び出す。
  3. 特殊土地シルバーバレット戦術により臨機応変に戦う。

デッキのメリットは、土地を並べる、ただそれだけのコンボであるため、一般的な対策カードでは効果がなく、妨害が非常に困難であることです。
デッキのデメリットは、速度と妨害手段に欠けるため、キルターンの速いデッキに不利であることと、 《不毛の大地》 に致命的に弱いことです。

■主に使用されるカード

1.ドロー操作呪文やサーチ呪文を駆使して、 《雲上の座》 を集める。

Cloudpost / 雲上の座 Sensei's Divining Top / 師範の占い独楽 Expedition Map / 探検の地図

2. 《原始のタイタン》 で一息に土地を集めて、大量のマナからフィニッシャーを呼び出す。

Show and Tell / 実物提示教育 Primeval Titan / 原始のタイタン Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール

3.特殊土地シルバーバレット戦術により臨機応変に戦う。

Crop Rotation / 輪作 Glacial Chasm Eye of Ugin / ウギンの目

■12ポスト対策のサイドボード

《血染めの月》
《発展の代価》
《赤霊破》
《真髄の針》
《灰からの再興》

■主な派生デッキ

《雲上の座》 を使用する派生デッキとしてMUD(茶単)が存在します。
また、12ポストと同様に土地に焦点を置いているデッキとして、土地単が存在します。

●土地単
12ポストにおいて土地はあくまで大量のマナを生み出すための手段であり、それ以上の意味を持ちませんが、土地単はデッキの半分以上が土地カードで構成されているデッキであり、フィニッシャーすらも土地が務める、異色のデッキです。

●MUD(茶単)
《雲上の座》 に限らず、様々な無色のマナブーストから、アーティファクトやエルドラージクリーチャーを繰り出していく、無色のカードのみで構成された、これもまた異色のデッキです。

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top