闇火侵略とは?(殿堂環境の闇火のビートダウンデッキ)

Mana black Mana red
27
クリーチャー
8
超次元カード
13
呪文その他
闇火侵略とは、特定の条件を満たすことによってコストを支払わずに、攻撃しているクリーチャーの上に進化クリーチャーを重ねて出せる『侵略』という能力を使い、一気に攻撃力を上げて攻めるビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。

・種族にコマンドを持つスピードアタッカーのクリーチャーを召喚する。

・強力な『侵略』持ちクリーチャーで対戦相手の盤面をなぎ払う。

・攻撃以外の仕事もするクリーチャーでゲームの主導権を掴んで離さない。


侵略クリーチャーと侵略の元となるクリーチャーだけで戦法が完成しているためデッキのフリースロットが多く、主に防御面の部分で他の文明のカードが採用されるパターンが多く見受けられるアーキタイプでもあります。

火単侵略は元々は革命編限定構築の環境で猛威を振るっていたアーキタイプでしたが、革命編第三章『禁断のドキンダムX』で登場した 《伝説の禁断 ドキンダムX》 がデッキパワーを底上げしたことで、殿堂環境にまで押し上げられた経緯があります。

《禁断 ー封印されしXー》 はバトルゾーンに置かれた状態で試合が開始されるので、最初からリソースを一枚多く保持しているのと同義であり、少しでも多く攻め手が欲しいビートダウンデッキにとってはそれだけでも値千金です。

そんな 《禁断 ー封印されしXー》 はいざ禁断が解放されてしまえば窮地をもひっくり返す 《伝説の禁断 ドキンダムX》 という環境最強クラスのフィニッシャーへと裏返りますが、除去されると負けなため安全策兼封印解除の手助けとして 《Dの禁断 ドキンダムエリア》 を併用しています。

元々は火単が主流でしたが闇文明を加えることによってデッキパワーが上がったのをきっかけに段々とメインカラーが闇にシフトしていき、公認GP3rdでベスト8に入ったリストを筆頭に現在では闇タッチ火の侵略が一大勢力となっています。

『世界は0だ!!ブラックアウト!!』で登場した 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 《黒速 The ZERO》 は条件さえ達成すれば相手のターンに出せるコマンドとして疑似的にスピードアタッカーと同じ働きをするために闇文明主体の構築では重宝しています。特に 《黒速 The ZERO》 は自身のマナコストが軽く 《一撃奪取 ブラッドレイン》 《虹彩奪取 ブラッドギア》 のようなクリーチャーと組み合わせて早いターンに召喚することも可能なため採用率が急上昇しています。

また受けとして他の文明の強力なトリガー・クリーチャーである 《閃光の守護者ホーリー》 《終末の時計 ザ・クロック》 が採用されていたり、手札破壊対策として最善なコマンド・クリーチャー 《ゲロ NICE・ハンゾウ》 が発見されたりと、革命チェンジを使ったアーキタイプが流行る中でも収穫を見つけては環境に居残り続けるポテンシャルの高いアーキタイプです。
 
最近では攻撃力の高いデッキのため 《閃光の守護者ホーリー》 のような便利なトリガー・クリーチャーを入れるよりも 《百発人形マグナム》 のような対策クリーチャーも対処でき、相手の攻撃も凌げる 《ボルメテウス・ホワイト・フレア》 を採用してる構築が目立ちます。
 
FORBIDDEN STAR~世界最後の日~
新弾「ドギラゴールデン vs.ドルマゲドンX」の新レジェンド 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》 《禁断 ー封印されしXー》 の代わりにした型も登場! 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》 の攻撃制限に合わせてデッキ内の種族をコマンドとイニシャルズに寄せた構築となっています。

また同弾のサポートカードである 《終断α ドルーター》 《終断Δ ドルハカバ》 《終断γ ドルブロ》 を採用したタイプのデッキも増えてきました。 《終断Δ ドルハカバ》 は何度でも使えるスピードアタッカーのコマンドとして 《S級不死 デッドゾーン》 の頼もしい相方になっていて 《終断γ ドルブロ》 はブロッカーを持つトリガー獣としてだけでなくコマンドも付いているのでその汎用性を買われよく見かける顔となりつつあるようです。

ブロック構築でのアイディアが殿堂環境の構築にも影響を与え 《Dの牢閣 メメント守神宮》 《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 が採用されたタイプが結果を残しました。 《Dの牢閣 メメント守神宮》 はデッキの防御力を上げてくれるカードとして採用されていますが、Dスイッチの発動タイミングを任意のターンに決められるため、こちら側が相手を攻める時にも使える便利なフィールドとなっています。

また 《音精 ラフルル》 を始めとした呪文対策のカードをすり抜けられるのも非常に良い利点となっています。 《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 はクリーチャーの除去の役割は勿論 《復讐 ブラックサイコ》 を始めとした各種侵略クリーチャーを革命チェンジによって手札に戻すことができるので展開力を継続したまま相手のリソースを減らせることができます。

主に使用されるカード

1.種族にコマンドを持つスピードアタッカーのクリーチャーを召喚する。

轟速 ザ・マッハ 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート

2.強力な『侵略』持ちのクリーチャーで対戦相手の盤面をなぎ払う。

轟く侵略 レッドゾーン S級不死 デッドゾーン

3.攻撃以外の仕事もするクリーチャーでゲームの主導権を掴んで離さない。

停滞の影タイム・トリッパー 伝説の禁断 ドキンダムX 解体人形ジェニー

主な俗称・類似デッキ

火単レッドゾーン/火単バイク
赤単侵略/赤単レッドゾーン/赤単バイク
火水侵略/火水レッドゾーン/火水バイク
火光侵略/火光レッドゾーン/火光バイク

火闇侵略/火闇レッドゾーン/火闇バイク

サンプルデッキ

35
クリーチャー
5
呪文その他
31
クリーチャー
8
超次元カード
9
呪文その他

Page Top