モルトNEXTとは?(殿堂環境の火自然のドラゴンデッキ)

Mana red Mana green
31
クリーチャー
8
超次元カード
9
呪文その他
モルトNEXTとは 《超戦龍覇 モルトNEXT》 というドラゴン・ドラグナーを軸に据え、ドラゴンのシナジーを使った中速のドラゴン・ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. デッキに特化したマナ加速でマナを伸ばす。
  2. ヒロイックなドラゴンで試合を終わらせる。
  3. 充実した脇を固めるドラゴンも利用して確実に勝利を掴む。

モルトNEXT(デッキ)は 《超戦龍覇 モルトNEXT》 の龍マナ武装の発動条件を満たすために、デッキのほとんどが火の優秀なドラゴン・クリーチャーで構成されているという特徴を持ちます。

ドラゴンを使って勝つという『デュエル・マスターズ』のヒロイックな部分が前面に押し出されたアーキタイプであり、決定力の高さも含めて人気が高く、現環境では無視できない存在となっています。

《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》 《ドギラゴン・エントリー》 といった拡張性の高い呪文を活かしやすい構成であるため、多様性のあるアーキタイプであることも人気の理由の一つです。

また最近の傾向として強力な革命0トリガーのクリーチャーである 《ボルシャック・ドギラゴン》 との組み合わせが優秀な 《偽りの王 モーツァルト》 《偽りの王 ヴィルヘルム》 を採用した闇火自然の構成が主流となっていましたが、新たな構築形式として『革命スタート・デッキ』で登場した 《DXブリキング》 《爆熱DX バトライ武神》 を革命チェンジさせ、 《爆熱DX バトライ武神》 が攻撃時の効果を残したまま龍回避をして攻撃時の効果でドラゴンを出して再び龍解するループを搭載した形も注目されています。そしてGP2ndでは 《革命の鉄拳》 まで搭載したカウンター型とも呼べる構築で4位という好成績を残しました。
 
スクランブル・チェンジ 蒼き団長 ドギラゴン剣
新しく登場したカード 《スクランブル・チェンジ》 《超戦龍覇 モルトNEXT》 と非常に相性が良く 《メガ・マナロック・ドラゴン》 も加えた2枚看板の形が主流となっています。また 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を加えた構築も登場し 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 《勝利のアパッチ・ウララー》 を加えて更にデッキの攻めパターンを増やしています。
 
FORBIDDEN STAR~世界最後の日~
新弾「ドギラゴールデン vs.ドルマゲドンX」で登場した新レジェンド 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 を搭載した型も早速結果を残していて、デッキ内のクリーチャーが 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》 の攻撃制限をほぼ受けず、ゲーム開始時からカードが1枚分増えている恩恵を多大に受けられるのがデッキに合っているので今後の定番になってもおかしくないでしょう。
龍の極限 ドギラゴールデン
同弾のレジェンドである 《龍の極限 ドギラゴールデン》 の極限ファイナル革命は 《超戦龍覇 モルトNEXT》 への繋ぎとしては最適で、このカードで稼いだ1ターンと追加の打点により更に決定力が上がりました。自身の打点もT・ブレイカーなので非常に強力で 《超戦龍覇 モルトNEXT》 以外の勝ち手段としても頼りになる存在と、アーキタイプの強さを引き上げたカードです。

主に使用されるカード

1.デッキに特化したマナ加速でマナを伸ばす。
フェアリーの火の子祭 メンデルスゾーン スクランブル・チェンジ

2.ヒロイックなドラゴンで試合を終わらせる。
龍の極限 ドギラゴールデン 超戦龍覇 モルトNEXT ボルシャック・ドギラゴン

3.充実した脇を固めるドラゴンも利用して確実に勝利を掴む。
メガ・マナロック・ドラゴン 不敗のダイハード・リュウセイ 蒼き団長 ドギラゴン剣

主な俗称・類似デッキ

モルトネクスト/モルネク
ジャックポット/ジャクポネクスト/ジャックポットモルト
闇火自然モルネク/デアリモルネク
ループモルネク/龍回避ループ/革命チェンジループ
カウンターモルトNEXT
モルトNEXTドギラゴン剣

サンプルデッキ

31
クリーチャー
8
超次元カード
9
呪文その他
33
クリーチャー
8
超次元カード
7
呪文その他
7
クリーチャー
8
超次元カード
33
呪文その他

Page Top