ハンデスとは?(殿堂環境の闇水+αのコントロールデッキ)

Mana black
19
クリーチャー
8
超次元カード
21
呪文その他
ハンデスとは手札破壊の略称で、手札破壊を主な戦術にし、相手のやりたいことをやらせずに勝つアーキタイプです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 相手の手札を破壊して、やりたいことをやらせない。
  2. リソースを増やし、手札破壊を継続させつつフィニッシュに繋げる。
  3. インパクト大なクリーチャーや呪文で一気に勝負をつけます。

相手の手札を破壊することによって相手の行動を制限するのが主な動きですが、相手のマナが伸びてしまうと引いたカードをそのまま使われてしまい手札破壊のカードが意味を成さなくなってしまうので、そうなった頃には勝負を決めれるように手札を増やしながら体制を整えていきます。

また、アーキタイプの派生として 《至宝 オール・イエス》 というクロスギアを使ってユーティリティーと展開しつつ手札破壊を行う形もあります。

現在の主流としては 《制御の翼 オリオティス》 《虚構の影バトウ・ショルダー》 といった相手の行動を制限するクリーチャーと手札破壊を組み合わせゲーム展開を掌握しながら 《百族の長 プチョヘンザ》 《S級不死 デッドゾーン》 、各種超次元クリーチャーによってゲームの勝敗を決定付ける構築となっています。

また、当アーキタイプの台頭による対抗手段として他のアーキタイプがそれぞれデッキに合った手札破壊対策を採用する動きもあり最近では 《提督の精霊龍 ボンソワール》 《熱血提督 ザーク・タイザー》 を始めとした相手の手札破壊を利用してこちらの手札を増やす提督系のクリーチャーや 《斬隠蒼頭龍バイケン》 《ゲロ NICE・ハンゾウ》 《永遠のリュウセイ・カイザー》 といった盤面に干渉するタイプのクリーチャーが使用されています。

こうした手札破壊対策への対抗手段として 《制御の翼 オリオティス》 《百発人形マグナム》 といったクリーチャーの存在がより一層重要度を増してきました。
 
 
異端流し オニカマス 洗脳センノー
相手の手札破壊対策や踏み倒しへの対抗手段として新たに 《異端流し オニカマス》 《洗脳センノー》 が注目されています。

どちらも一長一短あり 《異端流し オニカマス》 はデッキの色に合っているだけでなく生存能力も強いので 《S級不死 デッドゾーン》 等で相手に攻める場合に更に有効に働きます。

一方 《洗脳センノー》 は無文明であるため召喚はしやすいものの、マナゾーンには置きづらくなっています。

しかし 《異端流し オニカマス》 と違い 《洗脳センノー》 が居ればそもそも相手がクリーチャーを出せないので、踏み倒したクリーチャーのバトルゾーンに出た時の効果を使われることがありません。

こういったメリット、デメリットと踏み倒してくるクリーチャーの種類によって採用を使い分けています。

王立アカデミー・ホウエイル
手札獲得の手段として 《王立アカデミー・ホウエイル》 を採用した構築が大会で上位に入賞し、注目を集めています。

《エナジー・ライト》 と比べて1マナ重く、引ける枚数が1枚多いのでメリット・デメリットがはっきりした呪文ですが、同系戦でのリソースの削り合いになった時のリカバリーや中盤以降に目的のカードへとたどり着きたい場面では重宝する1枚なので、この先の採用率の増減に目が離せません。
 

主に使用されるカード

相手の手札を破壊して、やりたいことをやらせない。

特攻人形ジェニー ブレイン・タッチ 西部人形ザビ・バレル

リソースを増やして、手札破壊を継続させつつフィニッシュに繋げる。

コアクアンのおつかい 猛菌恐皇ビューティシャン 超次元リバイヴ・ホール

インパクト大なクリーチャーや呪文で一気に勝負をつけます。

S級不死 デッドゾーン 超覚醒ラスト・ストームXX 百族の長 プチョヘンザ

主な俗称・類似デッキ

ハンデス
青黒ハンデス/水闇ハンデス
白青黒ハンデス/光水闇ハンデス/ドロマーハンデス
オール・イエス
白青黒オール・イエス/光水闇オール・イエス/ドロマーイエス
プチョ・ハンデス

サンプルデッキ

24
クリーチャー
8
超次元カード
16
呪文その他
10
クリーチャー
8
超次元カード
30
呪文その他
20
クリーチャー
8
超次元カード
20
呪文その他
15
クリーチャー
8
超次元カード