ジャック・ライヤとは?(殿堂環境の水自然コンボデッキ)

Mana blue Mana green
ジャック・ライヤ
26
クリーチャー
14
呪文その他
ジャック・ライヤとはデッキ名にもなっている 《ベイB ジャック》 の効果を使うことで2体の 《アクア忍者 ライヤ》 を好きなだけ交互に召喚できるコンボを利用して勝つデッキです。

《ハッスル・キャッスル》 と同じ役割を持つ 《Dの悪意 ワルスラー研究所》 のどちらかを出している状態で上記のコンボを決めることで任意の枚数、山札からカードを引ける状態になるので後は手札を10枚以上にして 《偽りの名 iFormula X》 の効果で勝つのが主なデッキの動きとなっています。

デッキの主な要素は以下の3つとなります。
  1. 序盤はコンボパーツを揃えながらマナを加速!
  2. 準備が整ったならコンボを始動し無限ドロー!!
  3. 無限に増えた手札から《iFormula X》を繰り出して勝利!!

大量の手札を抱えた状態で次は 《ハリケーン・クロウラー》 をコンボに組み込むことによってマナの面で融通が利くようになるのでそのまま 《逆転のオーロラ》 《ルナ・コスモビュー》 と組み合わせて 《偽りの名 iFormula X》 の召喚へとこぎ着けます。

後は 《ベイB ジャック》 の効果を使い 《偽りの名 iFormula X》 をタップさせれば特殊勝利の条件が満たされ勝ちとなります。

シールドや墓地に置かれたキーカードは 《天真妖精オチャッピィ》 《逆転のオーロラ》 を経由して 《ハリケーン・クロウラー》 で回収しましょう。

また、基本的にはデッキのカードを自分が負けない程度まで引くので山札の底にキーカードが溜まらないように 《未来設計図》 《ドンドン吸い込むナウ》 であらかじめ山札の底の順番を操作しておくのもこのデッキ回す上での重要なポイントとなっています。
水上第九院 シャコガイル 次元波導魔法 HAL
《偽りの名 iFormula X》 の代わりに勝ち手段として 《水上第九院 シャコガイル》 を採用した構築が大会で結果を残し注目を集めています。

《ルナ・コスモビュー》 と同じマナコストであることから 《Dの悪意 ワルスラー研究所》 のDスイッチで出すというルートも増え、コンボが決まっているとそのまま山札が切れるまでドローを繰り返し勝つことができます。

またコンボをを揃えるためのドロー手段として 《次元波導魔法 HAL》 を採用していて、最後のブレイクではスーパー・S・トリガーでターンを飛ばしてくれるので、このアーキタイプにかかわらず今後のコンボデッキでの採用に期待が持てる1枚となっています。

主に使用されるカード

1.序盤はコンボパーツを揃えながらマナを加速!
 
桜風妖精ステップル 未来設計図 ドンドン吸い込むナウ
 
2.準備が整ったのならコンボを始動し無限ドロー!!
 
ベイB ジャック アクア忍者 ライヤ ハッスル・キャッスル
 
3.無限に増えた手札から《iFormula X》を繰り出して勝利!!
 
ハリケーン・クロウラー 偽りの名 iFormula X 逆転のオーロラ

主な類似・俗称デッキ

ジャック・ライヤ/ジャックライヤ
 

 

サンプルデッキ

25
クリーチャー
8
超次元カード
15
呪文その他

Page Top