墓地ソースとは?(殿堂環境の水闇火のビートダウンデッキ)

Mana white Mana blue Mana black Mana red
ワルスラ・墓地ソ
32
クリーチャー
8
呪文その他
墓地ソースとはバトルゾーンに出た時、または呪文の効果で墓地のクリーチャーの数を増やしながら、相手を攻めるデッキの総称です。序盤は 《戦略のD・H アツト》 のような墓地を肥やす低マナのクリーチャーを次々と召喚し攻めます。そして最後のトドメには墓地のクリーチャーの数だけ召喚コストが下がる 《暴走龍 5000GT》 と墓地にクリーチャーが6体以上いればG・ゼロで召喚できる 《百万超邪 クロスファイア》 を使うのがこのアーキタイプの大きな特徴です。

このデッキの要素は以下の3つになります。
  1. 序盤は墓地のカードの枚数を増やせるクリーチャーを使って、墓地を肥やしながら攻める。
  2. トリガーで墓地や手札のクリーチャーとのコンボを狙い鉄壁の防御力をみせつける!
  3. 墓地を肥やしたことで踏み倒し可能となったフィニッシャーで勝負を決める!!

フィニッシャーである 《暴走龍 5000GT》 はバトルゾーンに出た時の大量クリーチャー破壊能力と召喚制限能力が優秀で 《終末の時計 ザ・クロック》 《閃光の守護者ホーリー》 といったトリガー・クリーチャーを封じて安全に勝てるのが非常に魅力的です。またもう一つのフィニッシャーである 《百万超邪 クロスファイア》 も攻撃時にパワーが+1000000になるため 《革命の鉄拳》 《ボルシャック・ドギラゴン》 といった革命0トリガーに強いのでダイレクトアタックにはもってこいのクリーチャーです。

デッキの戦略的に墓地を肥やすので 《地獄門デス・ゲート》 を上手く活用でき、墓地に落ちた 《終末の時計 ザ・クロック》 を釣り上げてターンを終わらすだけでなく 《戦略のD・H アツト》 を釣り上げ 《斬隠蒼頭龍バイケン》 を捨てる代わりに出して相手のクリーチャーを手札に戻すといった芸当も可能となっています。色々なデッキに出張している 《サイバー・チューン》 + 《斬隠蒼頭龍バイケン》 のパッケージも組み込まれています。
【問2】ノロン⤴ プラチナ・ワルスラS
このデッキで序盤に最も展開したい 《戦略のD・H アツト》 と全く同じ能力を持つ 《【問2】ノロン⤴》 が登場し序盤の安定感が増しただけでなく 《プラチナ・ワルスラS》 が序盤の打点と墓地肥やしの両方の役割を担ってくれているので、序盤は墓地肥やしに徹し攻撃力は心許なかった過去の弱点が払拭され、現在再び復権の兆しを見せています。

主に使用されるカード

1.序盤は墓地のカードの枚数を増やせるクリーチャーを使って、墓地を肥やしながら攻める。

戦略のD・H アツト 【問2】ノロン⤴ プラチナ・ワルスラS

2.トリガーで墓地や手札のクリーチャーとのコンボを狙い鉄壁の防御力をみせつける!

地獄門デス・ゲート サイバー・チューン 終末の時計 ザ・クロック

3.墓地を肥やしたことで踏み倒し可能となったフィニッシャーで勝負を決める!!

百万超邪 クロスファイア 暴走龍 5000GT 盗掘人形モールス

主な俗称・類似デッキ

墓地ソース/墓地ソ
ワルスラ墓地ソ

Page Top